事例:iOS/Android向けのアプリ開発・WEBデザイン制作・企画・開発事業 
アウルス株式会社がpipedriveの何処に魅力を感じたのか

導入の目的  データドリブンの営業を意識
導入の決め手  他のツールよりも圧倒的に低コスト・ツール連携の多様性
今後について  MAと連携させ、より一層の営業力・PR力を強化

アウルス株式会社

iOS/Android向けのアプリ開発・WEBデザイン制作・企画・開発を行っているアウルス社。
業種・業態・規模問わず、応じられる実力と実績を誇る。
『デザインを通して、企業価値をデザインする』という理念通り、デザイン・開発を基軸に、
コンサルティング要素を絡めた制作は業種業態問わず定評がある。
クライアントの本当にするべき経営課題(収益改善・採用のエントリー数促進・ブランディング強化等)を解決し、
企業価値を向上させるためのモノ創りを行っている。

ー導入の目的ー
データドリブンの営業を意識

問合せ件数自体は伸びているものの、ステータス別の営業管理、それを基にしたインサイドセールス、MAを使用した営業の自動化は一切やれていなくて、データドリブンの営業を意識しなくてはいけないと感じ、導入に至りました。
パイプドライブ以外のツールも検討していたんですが、まだSFAを導入していない当社にとって、他のツールよりも圧倒的に低コストだったこと、今後他のツールとの連携を考えた時に最も導入のハードルが低かったことが決定打になりました。

ー導入の決め手ー
他のツールよりも圧倒的に低コスト・ツール連携の多様性

『ツールは使いやすく、シンプルであるべき』と、私自身が思っているのでそれを体現しているのがパイプドライブだと思います。
あと、導入の前準備も不要ですし、様々なプロダクトとAPI連携が可能だからこそ、自社に合わせて拡張が出来る部分は、他のツールにはないセールスポイントだと思います。
導入してみて、自社に必要な機能やツールが明確化したら、他のツールと連携させてカスタマイズしていけばいいですし。当社でも他社のツールと連携させて活用していますし、今後も活用の幅を広げていきたいと思います。

ー今後についてー
 MAと連携させ、より一層の営業力・PR力を強化

MAツールとの連携を通して、どの業界の受注率が高いのかであったり、リードタイムから受注までの適切なタイミングを図ったり、新規獲得に向いている業界はどこなのかを、セグメントをより一層強化してデータドリブンの営業をしていきたいと思います。
またレポート機能を活用して、複数の目標値も立てていければと考えています。
一般的に、制作業界は下請けの商流構造になっていて、本来スキルのある人達が依頼されたモノを作るだけにとどまってしまう事もしばしば。
だから私たちは代理店を挟まずに、直接仕事をお請けしていこうと思っています。そのためより一層の営業力・明確なPR力が必須です。もともと当社の強みであるUXに立脚しながら、『デザインで企業価値を向上させる』という主題・命題を基に、制作業界の商流構造に戦いを挑んでいきたいと思います。

お問い合わせ

Pipedriveに関するご相談・お問い合わせはお気軽に!