catch-img

開封率を上げるメールの作成方法とは?

営業と一言にしても、その方法はインライン、オフラインさまざまです。例えば、オンライン(インサイドセールス)の方法として、メールを活用することも多いのではないでしょうか。普段の業務においても、メールは必須のツールであり、1日に何件もやり取りを行います。しかし、日々大量に受信するメールの中にも「読むメール」「読まないメール」はありませんか?反対に、自分から相手にメールを送る場合でも、そのメールは確実に相手に読まれているでしょうか?

今回は、相手に読まれるメールの作成ポイントをお伝えします。


【送信者名は個人名に】

実際に、日々受け取るメルマガ等を見て分かるように、殆ど多くの場合で送信者名を「株式会社○○」や「株式会社○○部」など、会社名や部署名のみで記載している場合が多いです。

これは受信者側に「単なる広告メール」という印象を与えてしまうことになり、メールの開封率を下げてしまう原因になります。

そこで、送信者名を「山田太郎 ABC株式会社」のような送信先の個人名にすると、受け手側は「個人から自分だけに来たメール」だと感じ、件名を見ただけで破棄することを防げます。単に「会社名」から「個人名」に変えるだけで、メールの開封率を飛躍的に上げることができます。

【件名はシンプルに】

送信者名と同様、件名もそのまま無視されないようにするための戦略が必要です。

件名に関しては工夫を施す場合が多いですが、よくある残念な例が、過剰に内容をアピールするような件名です。例えば、セールや特典などのキャンペーン情報や、絵文字を使って件名を目立たせる方法です。これでは、送信者名と同様相手に広告メールであることがすぐに分かってしまうため、かえって逆効果になります。良い例、悪い例として以下のようなものがあります。

・悪い例

《★★今なら先着○○名様限定!!「人気ブランドが30%OFF!」★★》

・良い例

《【重要】ABC株式会社 山田太郎様 (ブランド名)商品に関するお知らせです》


【内容も過度なアピールはNG】

送信者名と件名が改善できても、肝心なのはやはり内容です。

例えばこんな内容のメールを受け取ったことはありませんか。


・絵文字や装飾文字が多用されている

・URLの貼り付けが多い

・商品に関するあらゆる情報が単純に羅列している


上記に1つでも当てはまるメールは、一目で広告メールだと分かってしまうため、あまりお勧めはできません。ポイントとして基本的に以下のようなものがあります。


・絵文字や装飾文字を多用しない

・URLは多くても3か所まで

・冒頭で自らの名前を名乗る

・単語を羅列するのではなく、相手に語りかけるように記述する

・顧客の個人名も文中に記述する


自社の商品をアピールすることに重点を置きすぎると、受け手には過度なプレッシャーになってしまい、読みたいと思わせることはなかなか難しくなります。

伝えたいことをシンプルかつ的確に文章にすることと、上記にあげたポイントを意識しながら文章を構成すると良いでしょう。

【送信のタイミングに注意する】

実際に、上記全てにおいて改善されたメールを作成したとして、送信のタイミングはいつ送っても同じ結果になるとは限りません。

一般的に読まれやすい時間とされているのは、通勤・通学時間、お昼の時間帯です。BtoCの場合は21時以降も狙い目とされています。BtoBでも、従業員1人1人に社内携帯が普及されていることが多いため、通勤の移動時間や会社の休憩時を狙って送ると開封率を高めることができます。


【まとめ】

メール配信に関しては、はっきり言って送ってみなければ分からない部分もあります。

ターゲットを絞り込んで、一番伝えたいことをシンプルに相手に伝えることが重要です。とはいっても、相手は機械ではなく人間です。ポイントを全て押さえたからといって、確実に開封率を100%に出来るわけではありません。しかし、少しの変化でその可能性を飛躍的に上げることが出来ますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。





川西佑奈
川西佑奈

幼いころから異文化に興味を持ち、高校からニュージーランドへ留学。Logan Park High Schoolを卒業後も語学力向上の為、ジャカルタのインターナショナルスクールに入学。 帰国後は関西大学に入学し、学生の頃からインターンとしてSurpassの業務に携わる。現在はSurpassのマーケティング担当として、新規事業の立ち上げを支援する傍ら、翻訳も担当している。

人気記事ランキング

タグ一覧