catch-img

SFA導入の失敗を防ぐポイントと、他社SFA比較5選

SFAを営業支援ツールとして導入する企業が近年増加しています。

営業フェーズを管理できる便利なツールですが、自社のニーズに合致し、課題を解決するものでなければ運用の意味がありません。今回は、費用をかけて導入したSFA運用の失敗を防ぐポイントと、5つの有料SFAを紹介します。

【SFAの導入で失敗しないためには】

せっかく時間と労力を割いてSFAを導入したのに、費用対効果が得られなければ損失に繋がるだけです。導入で失敗しないためには以下のようなポイントに気を付ける必要があります。

・部署ごとに異なるツールを使用している

部署ごとに異なるツールを使用している企業は意外と多いです。業務を進めるうえで他部署と連携とる必要がある場合、使っているツールが違うと連携が取りにくく、タイムラグに繋がったり、ヒューマンエラーを引き起こしやすくなる原因になります。

・導入の目的が社員に正確に伝わっていない

導入の目的を全員が明確にしなければ、SFAへの入力が目的になってしまい、結果に繋げるためのプロセスが踏めなくなってしまいます。ただ導入するのではなく、なぜ導入するのかを事前にチーム全員で共有することが重要です。

・うまく使いこなすことが出来ず、結果的に業務の負担になる。

SFAを初めて導入した企業に多いのが、実際に導入したもののうまく使いこなせず結果的に業務の負担になってしまうケースです。操作自体はそこまで複雑ではないのに、思うように活用できていない場合は、入力項目が多すぎたり、入力をセールスパーソン1人に全て任せていることが原因かもしれません。SFAは導入するだけで自社の課題が解決できる魔法のツールではありません。導入の前に自社の課題、ニーズを明確にし、自社に合ったSFAを選ぶことがポイントです。また、入力項目を最低限にして、現場のセールスパーソンがわざわざ入力しなくても良い基本の顧客情報などは、事務やアシスタントに業務の振り分けを行うことも大切です。


【SFA他社比較】

①    Sales Cloud(セールスクラウド)

世界15万以上に導入された実績を誇るSFAシステムです。B2BやB2C、通販、直販問わず幅広く利用されています。あらかじめ多くの業態に対応しており、少ないカスタマイズで運用を始めることができます。

  概要 Salesforceは、世界No.1 CRM(顧客管理)プラットフォームです。顧客管理を一元的に行うことで、営業生産性を高め、社内の情報共有を促進し、商談成約率を向上させます。 Salesforce


②    ZOHO CRM(ゾーホ シーアールエム)

メール、電話、ソーシャルメディア、チャット、訪問などのマルチチャネルが活用できることが特徴です。また、多言語に対応しており、外部連帯が多いことも強みです。マルチチャネル営業を行っている企業におススメです。

  Zoho CRM - 顧客関係管理システム | ゾーホージャパン株式会社 Zoho CRMは、営業、マーケティング、サポート業務を一元管理する、クラウド型顧客管理システム(CRM)です。3ユーザーまで無償で使える無料プランもご用意。ご登録はこちら。 Zoho


③    Senses(センシーズ)

シンプルで分かりやすいUI/UXとカード形式の案件ボードにより一目で営業管理を行うことが出来ます。また、システム担当者でなくても設定が可能で、導入後は専任のカスタマーサクセス担当がつくなどサポート体制も充実しています。

  Senses | 次世代の営業支援ツール Senses(センシーズ)は、入力負荷を最小にし、営業成果を自動的に最大化するSFA(営業支援ツール)です。 Senses | 次世代の営業支援ツール

④    SAP(サップ)

最大の特徴は、自社の基幹システムとのスムーズな連動です。自社基幹システムと連動させることで、顧客管理のみならず、調達機能までの提供が可能です。更に、用意されている「短期導入ソリューション」により、導入から立ち上げまでを短縮化できます。

  SAPジャパン - ビジネスソフトウェア、ソリューション、テクノロジー&ビジネスアプリケーション ビジネスソフトウェア市場のリーダーであるSAPが提供するソフトウェアとテクノロジーソリューションをご活用ください。クラウド、アナリティクス、モバイル、ITの優れたソリューションで Run Simple を実現しましょう。 SAP


⑤    eセールスマネージャー

eセールスマネージャーの特徴として、名刺管理に優れているという点があります。スマホで名刺を撮影するだけで、オペレーターが撮影されたデジタル情報をチェックしながらテキスト化します。4500社を超える導入実績があり、安定した利用が見込めます。

  SFA・営業支援システム | eセールスマネージャー eセールスマネージャーは営業マンからマネジメント層に至るまで直感的に操作出来る国産のCRM/SFAツールです。使いやすさだけでなく、導入後の充実したサポートで定着率96%と圧倒的に高く顧客のあらゆる営業課題を解決し売上向上に繋げます。 https://www.e-sales.jp/


【まとめ】

少しご紹介しただけでも、SFAにはさまざまな機能や特徴をもつものが多く存在します。また、SFAを導入する目的や抱える課題も企業によってさまざまです。既にお伝えしたように、SFAを導入する際には、自社に適したもの選ぶことが重要になります。導入目的や課題を解決するための機能を明確にし、最適なSFAを見つけてください。

川西佑奈
川西佑奈

幼いころから異文化に興味を持ち、高校からニュージーランドへ留学。Logan Park High Schoolを卒業後も語学力向上の為、ジャカルタのインターナショナルスクールに入学。 帰国後は関西大学に入学し、学生の頃からインターンとしてSurpassの業務に携わる。現在はSurpassのマーケティング担当として、新規事業の立ち上げを支援する傍ら、翻訳も担当している。

人気記事ランキング

タグ一覧