スマートメールBCCとは

注意:スマートメールBCC機能はPipedriveのエッセンシャルプランで利用可能なEメール機能です。
Eメールプロセスの効率的な使い方の促進のために、Pipedriveのアドバンス、プロフェッショナル、またはエンタープライズプランにアップグレードすることを推奨します。現行の有料プランを切り替える方法についてはこちらをクリックしてください。
PipedriveのメールとPipedriveに入力した情報を、どのように機能させるかについては、こちらをクリックしてください。

●スマートメールBCC
スマートメールBCC機能を使用すると、特定のメールプロパイダーのでEメール上でのやり取りを、Pipedriveのメール受信箱に手動で転送させることができます。一旦Eメールが受信箱に転送されたら、そのEメール上でのやり取りを、自分のPipedriveアカウントにある関連する取引や個別の連絡先にリンクさせることができます。
Smart Email BCCを使用して、PipedriveアカウントにEメールを転送するためには、Pipedriveアカウントのユーザーは、割り振られた会社固有のユニバーサルBCCアドレスをコピーし、送信するEメールのBCCの欄に貼り付ける必要があります。
会社固有のユニバーサルBCCアドレスは、「設定」→「電子メール統合」→「BCCスマートメールアドレス」で確認できます。
一旦そのスマートBCCメールアドレスをコピーして、お持ちのメールアドレスのBCC欄に貼り付けて、メールを送信してください。メール送信後、Pipedriveアカウントの「メール」タブに、BCCにてメールが受信されたことが確認できます。
なお顧客から受け取った返信メールをPipedrive上のメール受信ボックスに送信するようにしておくためには、同じユニバーサルBCCアドレスに転送しておく必要があります。
注意:EメールをPipedriveに転送する際には、見込み顧客への混乱を未然に防ぐために、EメールのBCC欄にのみ、スマートBCCアドレスを入力するようにしてください。

●取引や連絡先へのリンク方法
Eメールを取引や連絡先へリンクさせると、その個人と取引の詳細ビューの両方から、現在進行中のやり取りを常に簡単に把握することができるようになります。
Eメールアドレス送信先に基づいて、Pipedriveに転送されたEメールは、既定のメールアドレスフィールドの下に表示されているEメールアドレスとPipedrive内の連絡先リストに自動的にリンクされます。
転送されたEメールのEメールアドレスにPipedriveの連絡先が関連付けられていない場合は、そのEメールアドレスに新しい連絡先が自動的に作成されます。
なお転送されたEメールを手動で取引にリンクすることもできます。この作業を行うには、受信トレイのメールを開き、右側のウィンドウで既存の取引を検索するか、新規で取引を作成します。

●すべてのPipedriveユーザーがスマートEメールBCC機能を利用してEメールを転送できるのですか?
法人アカウントのすべてのユーザーは、ご自身のメールプロバイダーに受信したEメールを、自分のPipedriveアカウントのログインに使用したメールアドレスから、Pipedriveのメール受信ボックスに転送することができます。
なお個人用のメールアドレスなど、別のメールアドレスからのEメールをPipdriveの受信ボックスに転送したい場合、そのメールアドレスをスマートBCCの代替Eメールアドレスとして追加する必要があります。
代替Eメールアドレスを追加するには、 「設定」→「電子メール統合」→「スマートBCC用の代替電子メールアドレス」 より、空欄にメールアドレスを入力して追加します。
代替EメールアドレスとしてそのEメールアドレスを追加すると、その追加したEメールアドレスに承認するための確認メールが送信されます。この承認作業は、そのメールアドレスがPipedriveの代替Eメールとして通常利用される前に完了しておく必要があります。
一旦代替メールアドレスが承認された後に、このメールアドレスからEメールの転送ができるようになります。会社固有のユニバーサルBCCアドレスに転送されたEメールは、そのEメールアドレスを代替Eメールアドレスとして追加したPipedriveユーザーの持つ、Pipedriveアカウントの受信ボックスに受信されます。
注意:Pipedriveのユーザーアカウントに関連付けられていないメールアドレス、または代替Eメールアドレスとして追加されていないメールアドレスから、スマートメールBCCアドレスにEメールを送信すると、ユーザーにエラーを通知するEメールが自動的に送信されます。

●Eメールの共有
ユーザーが自身のPipedriveアカウントにメールを転送する際に、チームメンバーやPipedriveアカウントを持つ他のユーザーにもメールを閲覧できるようにしたい場合、受信トレイで個々のEメールを「共有」に設定します。
すべてのEメールの既定の共有設定を変更するには、「設定」→「電子メール統合」→「デフォルト電子メール共有」 と選択します。この設定は、Pipedrive上で今後送信されるすべてのEメールの既定の共有設定になります。
注意:この機能を変更しても、既存のEメールに関する現在のEメール共有設定は上書きされず、共有設定の更新後に受信したEメールにのみ適用されます。
「すべてのリンクしたメールでの会話を、会社内の他人と共有する」を選択した場合、あなたのPipedriveアカウント内にいる他のユーザーは、それらのアイテムを表示するための可視権限を持っていれば、すべての連絡先や取引に関連付けしたEメールを閲覧ことができます。
「すべての電子メールの会話を非公開にする」 を選択した場合、どのような状況でも、アカウント内の管理者ユーザー含む他のユーザーはあなたのEメールを見ることはできません。
●特定取引専用BCCアドレス
スマートメールBCCシステム内では、あなたのPipedrive法人アカウントの各取引にも、固有のBCCアドレスがあります。
手動でリンク作業をすることなく、PipedriveにEメールを送信して、特定の取引にリンクさせたい場合、その取引の「特定取引専用BCCアドレス」を送信済みEメールのBCC欄に入力してください。
取引における特定取引専用BCCアドレスを検索するには、その取引の詳細ビューに移動し、スクロールダウンしてEメールBCCテーブルを見つけます。
注意:PipedriveのメールタブからリンクしたEメールを削除した場合、それに関連した取引の詳細ビューには表示されません。