電子メール設定

"Email Settings-あなたの会社のニーズに合わせて、Eメール設定を変更できます。

変更は、設定>カスタマイズ>パーソナル>コネクション>Eメールの統合の順に選択してください。

ネイティブのEメールプロバイダーへの同期を確立するときには、今後受信トレイにあるすべてのeメールを同期するか、特定のフォルダまたはラベルに存在するeメールのみを同期するか選択できます。
受信した全てのeメールを自分のPipedriveアカウントに同期するには、全てのメールをPipedriveと同期するを選択してください。Pipedriveアカウントと特定のフォルダーもしくはラベルを同期するか選択したいときには、特定のラベルのeメールのみをPipedriveを同期するを選択し、あなたのPipedriveアカウントと同期させたいラベルを選択します。
Pipedriveの”メール”タブのアーカイブ機能と削除機能を同期したeメールアカウントに反映させるか選択できます。選択したeメールを同期したeメールアカウントでアーカイブもしくは削除したいときに、そのeメールがPipedriveでアーカイブまたは削除するときは、両方のアイテムを”はい”と選択します。そうしたくない場合は、両方のアイテムを選択しないでください。

Eメールの同期では、PipedriveのEメールトラッキング機能にアクセスすることもできます。これにより、受信者がいつあなたの送信済みEメールまたはそのリンクを開いたかを確認できます。
新しいEメールメッセージを作成するために使用するEメールアプリケーションを選択することもできます。
”PipedriveでEメールリンクを開く”を選択した場合、Pipedriveのeメールアドレスのリンクをクリックすると、そのeメールを作成するためにPipedriveアカウントの”メール”タブに移動します。

”コンピューターの規定の電子メールアプリを使用してeメールリンクを開く”を選択した場合、Pipedriveのeメールアドレスのリンクをクリックすると、そのeメールを送信する規定の電子メール作成クライアントとして設定したプログラム(Outlookなど)が開きます。
同期したEメールアドレスに受信したく無いEメールが届いた場合は、特定のメールアドレス(example@domain.com)もしくは、ドメイン(@domain.com)をPipedriveでは無視されるべきメールとして登録できます。
無視されたアドレスまたはドメインは、Pipedriveアカウントのメールタブに表示されなくなります。
Pipedriveのデフォルトでは、Pipedriveへのログインに使用されたEメールアドレスのみが、あなたのアカウントに関連付けられたスマートEメールBCCアドレスを使用することが許可されます。
ただし、Pipedriveへのログインに使用されたものとは異なるeメールからメールを送信する場合は、そのeメールアドレスを代替アドレスとして追加する必要があります。

別のeメールアドレスとして追加すると、追加されたeメールアドレスに確認メールが送信されます。これは、そのアドレスがPipedriveの代替メールとして使用する前に認証する必要があるためです。
この設定は、Pipedriveの今後のすべてのeメールデフォルトの共有設定を構成します。この機能を変更しても、既存のEメールの現在の共有設定は上書きされず、設定が更新された後に受信したEメールにのみ適用されます。
”リンクされた全てのEメールのやりとりを社内の他のユーザーに共有する”が選択されている場合、あなたのPipedriveアカウント内の他のユーザーはその権限をもつ全ての取引や連絡先に関連するEメールを閲覧することができます。
”全てのメールのやり取りを非表示にする”を選択した場合、いかなる状況においてたとえそれが管理者ユーザーでも、Eメールが閲覧されることはありません。

Note:特定のメールを他のユーザーに共有する場合、それぞれのメールでの閲覧設定を調整することができます。
Pipedriveは、受信したEメールに関連付けられているメールアドレスを認識することにより、
Eメールを適切な個人連絡先に自動的に関連付けます。
取引への自動リンクセクションでは、Pipedriveアカウントに未処理の取引が存在する場合、PipedriveがそのEメールをEメールの受信者との未処理取引と関連付けることもできます。Pipedrive上で同じEメール受信者との未処理取引が複数ある場合は、混乱を防ぐために手動でEメールを選択するのが効率的です。