電子メールの同期

Pipedriveには、顧客とのEメールのやり取りを管理するためにEメールの同期とスマートEmail BCCという2つの方法があります。どちらの方法を利用しても、Pipedriveはメッセージの送信先のEメールアドレスに基づいて、Eメールの会話がどの連絡先および取引に属しているかを瞬時に計算します。これは、人物と取引のDetail View(取引ビュー)から、全てのやりとりの履歴を確認することが出来ます。

更にPipedrive内に専用のメールボックスを持ち、メール確認のほか、メールの共有と取引をリンクさせることができます。

同期したPipedriveアカウントの”メール”タブから、新しいメールを作成することもできます。Eメールシステムを切り替える時間が節約できることで、重要なタスクに集中でき、つまりはビジネスを推進させることができます。
Pipedrive内でEメールを作成するときは、テキストフォーマット、インライン画像、Pipedriveの取引や連絡先から情報を引き出すことができるスマートフィールドなど、ニーズに合わせて電子メールをカスタマイズできます。さらにEメール同期機能の中のメールテンプレートとメール署名機能を使用することで、メール作成の時間を大幅に短縮することが出来ます。