退職したユーザーが担当していたアイテムを別の担当者へ再割り当てするにはどうすればいいですか?

従業員が退職した場合、または単にアクセスする必要がなくなった場合は、Pipedriveの会社アカウントから無効にできます。非アクティブ化したユーザーが、特定の取引や連絡先の所有者であることに気付く場合があります。
これに対処する最も簡単な方法は、該当するユーザーを再度アクティブ化し、一括編集機能を使用して、割り当てられた取引または連絡先のリストされた所有者をアカウント内の別のユーザーに変更することです。
ただし、それが不可能な場合は、次の手順に従って、無効化されたユーザーが所有する品目を再割当します。
1.Pipedriveの「取引」タブにある「フィルター」ボタンをクリックし、「新しいフィルターの追加」をクリックします。
2.「これらの条件のすべてに一致する取引を表示」項目から、
アカウント内のアクティブなユーザーごとに「取引」→「オーナー」→「ではない」>(アクティブなユーザー名)
の条件を作成します。ユーザーごとに1つずつ作成したら、 「保存する」ボタンをクリックします。
3.このリストのすべての取引を選択します。[一括編集] パネルが表示されたら、 「オーナー」 オプションを探して選択し、
   「すでにある値を次のものと取り換える」 を選択します。をクリックします。
次のドロップダウンリストで、これらの取引を所有するユーザーを選択し、「更新する」をクリックして変更を確定します。
4.これで完了です。旧ユーザーが所有していた取引が、別のユーザーに割り当てられました。
  これらの取引は、現ユーザーに関連付けられているため、簡単にフィルターリングできるようになりました。
注意:上記の手順では、無効化されたユーザーが所有する取引の所有権のみが再割り当てされます。個人または組織担当者の所有権を再割当するには、 「担当者」 - 「個人」 および 「担当者」 - 「組織」 タブでも同じ手順を実行する必要があります。