一括編集とフィルターリング

※ここに表示されている一部のアクションは、管理者ユーザーのみ使用可能です。
■リストビューについて
[取引] タブと [連絡先] タブの両方にあるリスト・ビューは、
Pipedrive上の重要なデータを一覧化する際に有効です。
このビューを最大限に活用するには、最も価値のある情報をいつでも参照できるように、
データの表示方法を把握しておくことが最適です。
■リストビューのカスタマイズ
インタラクティブなスプレッドシートのように、リスト・ビューでは表示する列、順序および表示方法を変更できます。
リスト・ビューに表示する列を選択するには、リスト・ビューに移動し、表の右側にある歯車のアイコンをクリックします。
[列の選択] プロンプトが表示されたら、表示しない列の選択を解除し、そのテーブルに表示する他の列を選択します。
列は、必要に応じて調整できるように、再配置またはサイズ変更することもできます。
列を並べ替えるには、列ヘッダをクリックしてドラッグし、テーブル内の希望の位置に移動します。
■リストビューでのソート
リストビューでは、リストをソートして、情報を昇順または降順で表示できます。
リストビューで情報をソートするには、列ヘッダーをクリックして値の降順でソートを開始し、昇順でソートする場合は再度クリックします。
2列目でソートする場合は、Shiftキーを押しながら2列目のヘッダーをクリックします。
■フィルターとカスタムレポート
Pipedriveでは、取引や連絡先など、データベース内のあらゆる情報をさまざまな基準に基づいてフィルターリングできます。
情報のフィルター処理を開始するには、「フィルター」ボタンをクリックします。
ドロップダウンが表示され、すべてのPipedriveユーザーが使用できる既定のフィルターが表示されます。
■フィルターを使用して選択した列を保存する
フィルターの作成時に、選択した列をフィルターとともに保存するオプションがあります。
これを有効にすると、このフィルターのリストビューに表示される列が記録され、
その情報がフィルター条件とともに保存されます。
次に [マイフィルター] 領域でこの保存済みフィルターをクリックすると、その正確な情報が表示されるようにリストビューの列が変更されるので、調整を続ける必要はありません。
■リストの出力
リストビューから、表示された情報を別のスプレッドシートのファイルにデータをエクスポートして使用することもできます。
これを行うには、右上隅にある「...」ボタンをクリックします。
Excel(.xls)またはCSV(.csv)ファイルをエクスポートするオプションが表示されます。
選択すると、 [データのエクスポート] ページが表示され、エクスポートセッションのステータスに関する情報が示されます。
完了すると、作成したスプレッドシートが自動的にコンピュータにダウンロードされます。