レポートとは

Pipedriveではデフォルトで様々なレポート項目をご確認頂けます。
グラフをクリックすることで、各表記の詳細は確認可能です。

■アクティビティの取り組み
ここではあなた、またはあなたのチームがどれだけアクティビティを追加したか、または完了したかが確認できます。
・追加されたアクティビティ
 ユーザーまたはアクティビティの種類ごとに何件アクティビティを登録したか表記します。
・完了したアクティビティ
 ユーザーまたはアクティビティの種類ごとに何件アクティビティを完了したか表記します。
・送信済みメール
 ユーザーごとに何件メールを送信したか確認出来ます。
 ※メール内容や詳細は確認出来ません
・受信した電子メール
 ユーザーごとに何件メールを受信したか確認出来ます。
■パイプラインの実績
取引のパフォーマンスに基づいたレポートが確認可能です。お客様は主にパイプラインステージのどこが問題なのか、課題の確認に利用されるケースが多いです。
・開始された取引それぞれ下記の件数を表記することが出来ます。
1.開始された取引件数
2.取引ステータスごとの件数(成約、失注、継続中の取引数)、
3.製品が登録されている取引数 
・取引の進展
 各パイプラインステージまたはユーザーが何件の取引を追加したかを表記します。
・取引のスピード
 ステージ別またはユーザー別に取引の作成から結果(成約か失注か)までの平均期間を表示します。
・取引コンバージョン
 次のパイプラインステージへ進んだ取引の数を表記します。 
■販売実績
・成立した取引
 ユーザー別または製品別で成約した取引の件数を表記します。
・失注した取引
 「ユーザー別」、「ステージ別」、「製品別」、「(失注の)理由別」、に失注した取引を表記します。
■フィルターー機能
 レポートでは下記の項目ごとにフィルターーの作成が可能です。
 「ユーザー」、「期間(時間の範囲指定)」、「パイプライン」
フィルターー機能:「ユーザー」
フィルターー機能:「期間(時間の範囲指定)」
フィルターー機能:「パイプライン」