16. Pipedriveでインポートデータの重複を避けるにはどうすればいいですか?

John Smithのように、リスト上で同性同名の連絡先が複数存在する可能性は常にあります。
パイプドライブではインポートを実行するたびに、Pipedriveに重複を認識させてマージさせるオプションが表示されます。
このマージ手順を省略することもできます。
■取引
販売の性質上、同じ名前の複数の案件を同じ個人または組織で同時に所有することがあるため、
Pipedriveの案件には重複を確認する機能はありません。
■人
インポートでNameが認識されると、Pipedriveは次の情報を検索して、重複レコードかどうかを判断します。
個人-組織
個人-電話
個人-Eメール
Pipedriveは、これら3つのフィールドのいずれかがPipedriveデータベース内で以前に確立されたPeopleと一致することを検出すると、代わりに、以前に確立されたPersonに固有のデータをマッピングします。
■組織
インポートでNameが認識されると、Pipedriveは次の情報を検索して、重複レコードかどうかを判断します。
組織-住所「所在地」 フィールドも常に指定するかぎり、同じ名称の組織を作成できます。
アドレスが同じ名前を持つ以前に確立された組織と一致する場合、アドレスは、以前に確立された組織に一意の追加データを再度マッピングします。