ヘルプセンターアカウントと設定について

アカウントと設定に関するFAQ

推奨しているウェブブラウザは何ですか?
Google ChromeとFire Foxを推奨しています。
Internet Explorer、Edge、Safariでも問題はありませんが、上記2ブラウザで最適となるよう設計されています。

オフラインでも使用できますか?
PC版ではオンライン時のみ使用可能です。
モバイル版ではオフラインでも使用可能です。
モバイル版で入力した情報は、インターネットと繋がった際に更新されます。。
パイプドライブ上で使用されている用語(取引、アクティビティ、人、組織など)を他の単語に変えることはできますか?
基本的には変更することは出来ません。変更する場合は、他社のソフトウェアですが、World Replacer Ⅱをご使用ください。

https://chrome.google.com/webstore/detail/word-replacer-ii/djakfbefalbkkdgnhkkdiihelkjdpbfh


なぜパイプドライブHPの記事や動画の表記と、私が使用しているパイプドライブの設定が異なっているのですか?
パイプドライブの記事や動画では、管理者(Admin User)権限の設定です。あなたの権限はユーザー権限ではないでしょうか?管理者権限が必要な場合は、御社の管理者に問い合わせてみてください。

<管理者権限で出来ること>
・ユーザの追加、削除、編集
・パイプドライブ登録の会社名変更
・グループの可視、権限設定の変更
・他のユーザーに目標を作成
・カスタムフィールドの作成と編集
・パイプラインとステージの作成と編集
・VOIPの管理
・Webhookの作成とモニタリング
・全ての取引、人、組織情報が閲覧可能
・データのインポート、エクスポート
連絡先の同期はどのようにすれば良いですか?
下記に登録されている連絡先との同期が可能です。
・Google
・Outlook.com
・Microsoft Exchange
・Microsoft Office 365
・iCloud

<連絡先同期の手順>
1.同期するグループの選択
2.同期の方法を選択(一方向 or 双方向)
3.可視の選択(社内のどの範囲まで可視可能か)
  ・オーナーとフォロワーのみ
  ・全社
  プラチナプランの場合、さらにグループの設定が可能
4.フィールドマッピングにて連絡先の情報とパイプドライブの項目を合わせる


ログイン用Emailの変更はどのようにしますか?
下記の方法で設定可能です。

設定 > カスタマイズ > アカウント > プロフィール
Emailの編集を押して、希望のメールアドレスに変更してください。
タイムゾーンの変更は出来ますか?
タイムゾーンは、ご利用のコンピューターのタイムゾーンに合わせて自動的に更新されます。
パイプドライブのタイムゾーンを変更したい場合は、コンピューターのタイムゾーンを変更してください。
グーグルとの同期は出来ますか?
グーグルカレンダーとグーグルドライブとの同期が可能です。

設定 > カスタマイズ > アカウント > それぞれのGoogleカレンダーまたはGoogleドライブを選択してください。
複数の会社を登録できますか?
■複数の会社を登録
複数の会社を登録することが可能です。
閲覧したい会社の変更は、パイプドライブ上で右上のアカウントをクリックし、「会社の変更」をクリックしてください。

■会社間のデータ共有
別企業同士でのパイプドライブアカウント間のデータ共有は行っていません。一つの会社アカウントから別の会社アカウントへデータを共有したいは、「エクスポート」を行ってください。エクスポートは下記の手順で実施できます。設定→ツール→エクスポートデータ。

■複数企業の登録方法
設定→その他→会社→会社を追加する→会社名の登録→保存

■会社の変更方法
会社を追加後は、ご自身のアイコンから「会社の変更」をクリックしてください。


デスクトップ通知の設定方法を教えてください。
パイプドライブでは生じた全てのアクションに関して通知の設定が可能です。

デスクトップ通知の設定方法
設定→カスタマイズ→ユーザー設定→ユーザーインターフェース→ネイティブ デスクトップ通知
APIキーとは何ですか?
APIキーとは、パイプドライブドライブと他のツール(サービス)を統合する開発者向けのものになります。
API(APIキー)を使用すると、全てのデータにアクセス可能となります。API(APIキー)を共有する場合は充分にご注意ください。
個人用APIキーはどうやって確認出来ますか?
個人用APIキーは下記より確認可能です。

設定→カスタマイズ→個人→その他→API
※確認できない場合は、ユーザー設定でAPI確認が不可となっている可能性があります

全てのユーザーがパイプドライブのAPIにアクセス可能ですか?
初期設定では、全てのユーザーがパイプドライブのAPIにアクセス可能です。
もしもレギュラーユーザーのAPIアクセスを制限したい場合は、下記の方法で権限を変更してください。

権限設定方法
設定→カスタマイズ→ユーザーを管理する→API使用をオフにする。
※権限設定を行うためには、アドミンユーザーである必要があります。
通知とアクティブティリマインダーについて教えてください
■通知機能
画面左上の「ベルマーク」をクリックすることで、取引に変更があった場合、履歴が表示されます。

■デスクトップ通知
また、変更と同時に通知を受け取りたい場合は、デスクトップ通知の設定が可能です。
設定→カスタマイズ→個人→ユーザー設定→ユーザーインターフェイス→ネイティブ デスクトップ通知をオンにしてください。

■メール通知
またメールにて通知することも可能です。
設定→カスタマイズ→機能→電子メール通知をオンにしてください。
※ベルマークをクリックして変更履歴を確認した場合、その日の変更通知メールは届かなくなる点ご注意ください。

■アクティビティリマインダー
登録しているメールアドレス宛にアクティビティリマインダーを送ることが出来ます。
設定→カスタマイズ→個人→ユーザー設定→アクティビティリマインダーe-mail

Emailの作成を別のブラウザタブで開くにはどうすれば良いですか?
別のタブでメール作成タブを開くには
設定→カスタマイズ→個人→ユーザー設定→ユーザーインターフェース→電子メール リンクを新しいタブで開く
※ゴールド、シルバープランのみの機能です
Pipedrive上の会社名を変更するにはどうすれば良いですか?
請求→お支払い情報→会社名の変更から変更してください。
※管理者のみ変更可能です。

パイプドライブ上の会社ドメインを変更するには?
設定→カスタマイズ→会社設定→会社ドメインから「会社ドメインを編集する」を選択してください。
※ドメイン変更後は、変更前のドメインとBCCアドレスは無効となり、使用出来なくなります。
取引作成時に入力するデフォルトの通貨を変更するには?
設定→カスタマイズ→個人→プロフィール→デフォルト通貨から変更してください。

失注理由の選択・確認はどうすれば良いですか?
■失注理由の選択肢について
デフォルトで選択肢から選ぶこと、自由記述の両方が設定されています。
失注理由の選択肢は下記の方法で追加可能です。
設定→カスタマイズ→会社設定→失注理由

■失注理由の確認方法
失注理由を一覧で振り返る際は下記2つの方法で確認可能です。
<取引一覧から確認>
1.取引からリストビューを選択。
2.フィルターを選択し、All Lost Dealsを選択
3.ギアアイコン(ネジのマーク)から「失注理由」をチェックし、保存をクリック。

<レポートから確認>
1.レポートをクリック
2.左のバー販売実績から失注した取引をクリック
3.理由別のタブをクリック
PipedriveからVoIPを用いたインターネット電話を架けるには
Pipedriveでは、設定することでインターネット電話を通じて登録されている連絡先に電話を架けることができます。
設定→カスタマイズ会社設定→全般→デフォルト通話方式から選択してください。
下記から選択可能です。
・スカイプコール
・スカイプSMS
・SIPフォンハンドラー
・アップルフェイスタイム
・デフォルトフォンハンドラー
・デフォルト’callto’ハンドラー

また他の電話ツールと連携を希望する場合は、
パイプドライブマーケットプレイスから連携可能な電話ソフトウェアを選択してください。
※管理者のみ設定可能です

お問い合わせ

Pipedriveに関するご相談・お問い合わせはお気軽に!