新生児のための民間健康保険事業
なぜ、パイプドライブはselbermakerの最初のCRMになったのか

導入の目的  営業に特化したシステムの導入
導入の決め手  インテグレーション機能
得られた効果  販売プロセスの強化

SelberMakler-Kinder Privat Versichern社

In Germany, just like in many other countries, it is mandatory by law to have your baby insured with private or public health insurance. SelberMakler provides private health insurance for new-born babies with a bonus cash back.
(ドイツだけでなく、他の国においても、子供を国民健康保険や民間健康保険に加入させることは、法律で義務付けられています。SelberMaklerはキャッシュバックをボーナスとする新生児のための民間健康保険を商材として取り扱っています。)

ー導入の背景ー

Before Pipedrive, they did try using another kanban software which was a great tool for project management but not for sales. They just didn’t find themselves using it, so they moved on.
(パイプドライブを利用する前は、別のソフトウェアを利用していました。しかしそれはプロジェクトマネージメントには向いているツールでしたが、営業管理にはあまり向いているとは言えませんでした。)

Then, a friend of Christoph from the Berlin Tech scene suggested Pipedrive as a sales CRM.
(そんな私たちにベルリンでテクノロジーを扱うChristophの友人が営業CRMとして薦めてくれたのがパイプドライブでした)

ーパイプドライブの導入後ー

As soon as Christoph signed up for Pipedrive, he started building a pipeline to fit their sales process. They immediately started using real data, no messing around with dummy data. For them, this was an extremely important step to take, it gave them a much better feeling of the platform.
(Christophがパイプドライブにサインアップしてすぐに始めたことは、彼らのセールスプロセスにフィットしたパイプラインを構築することでした。彼らはすぐに正確なデータでパイプライン管理を始め、不正確なデータで混乱を生まないようにしました。彼らにとってこのステップは非常に重要なもので、それによりプラットフォームを安心して使えるようになりました。)

ー統合とAPIー

Integrations were, at first, something that Christoph and Markus were not looking for. However, they soon realized that powerful integrations can practically perform magic.
当初「統合」は、ChristophとMarkusが探していたものではありませんでした。しかし、彼らはすぐにこのパワフルな統合が魔法のようなパフォーマンスを行えることに気が付きました。

Pipedrive concentrates on what you do best, selling. However, with an open API, Pipedrive offers the socket for other softwares to plug in theirs, further empowering your sales process by connecting to your other tools.
(Pipedriveはあなたが販売にベストを尽くせる環境を常に考えています。ただ、オープンAPIを使用すると、Pipedriveは他のソフトウェアをプラグインするためのソケットを提供し、他のツールに接続することによって販売プロセスを更に強化します。)

お問い合わせ

Pipedriveに関するご相談・お問い合わせはお気軽に!